NEWS
8/27 見事ヒット。
出張帰りの新幹線の座席に、週刊新潮の八月二十八日号が。
ぱらぱらめくっていたら「掲示板」という欄に、日本国際フォーラム理事長の伊藤憲一氏が、恩師の昭和12年に書かれた論文を探しているという。恩師は大平善梧先生といい、論文は「日本を中心としたる平和機構」という。
さて、こういうときに威力を発揮するのがこのDBだが、検証するにはいい課題だと思って検索したら、「拓大論集」8巻1号に掲載と見事ヒット、胸をなでおろしました。


7/13 データ量1000万件を突破。
NDLの差分と若干の追加入力をアップしたことで、データ量が1008万件になりました。多ければいいというものではないが、やはりひとつの節目ではある。戦前期のデータの充実を一層図らなくては。


7/3 暫定ID、PW終了のお知らせ。
暫定的に発行していたID、PW 「test」は、7月いっぱいで終了します。
引き続きご利用希望の方は、ご連絡ください。

7/1 NDLデータの重複。
このデータベースは、各種目録・総目次などをベースに構築しているので、データの重複があります。
これは、むしろ目録の性格や採録数など別な情報も含むので重複を生かしています。
しかし、NDLデータの重複は意味がありませんが、相当重複があります。この処理について検討中です。

6/29 NDLデータの搭載完了。
NDLデータの搭載が完了しました。
今後はNDLデータに関しては、NDLによる中途採録誌の創刊号から採録開始号までの採録を独自に進めます。
今回、大法輪閣のご好意で「大法輪」の戦前分と、戦後のNDLデータの欠落部分約3万件を補充しました。